そもそも非常事態だからといって、空腹を我慢し過ぎた判断がまずかったのだ。

 きゅるきゅる、とお腹が軽い音を立てた。思わず赤面した。すぐそばにいるひとに聞こえただろうか、と思えば、羞恥のあまり、動き出すこともできない。ちいさな間を置いて、くつくつと響く笑い声を聞いてしまえば、なおさらだ。

「あなたのお腹は、なによりも先に、食事を要求しているようですね」

 そういうつもりはないんだけど、と、もごもごつぶやきながら、キーラはあさっての方向に視線を飛ばした。太陽の光が差し込んでいる室内には、素朴なベッドと濃褐色のテーブルが並んでいる。ちょうどお昼時だからか、食べかけの食事が放置されていた。食事の邪魔なんて悪いことしたかなあ、と思いながらも、おなかの自己主張の原因に気づいたとき、再び荒々しく扉が開いた。

「キーラ!」

 新たに入ってきた人物は、魔道ギルドにいるのではないか、と考えていた面々である。他にも王宮の客人となっている人々も、キーラの名前を呼びながら飛び込んできた。

 とっさに傍にいるアレクセイを見上げて、どうしよう、と、困惑した顔をさらせば、微笑みを浮かべたまま、アレクセイはキーラの背中を押す。すばらしく優しい笑顔で。

「ですが愛のむちです。ここはおとなしく怒られておくべきでしょうね」

 アレクセイにしてはちょっと珍しいくらい、やわらかさがこぼれるような笑顔で、口々に騒ぎ立てる輩へと押し出すのだから、やっぱりこの王子さまは性格が悪い。そんなことを考えていたものだから、反応が遅れた。

 最高の笑顔を浮かべたまま、アレクセイは、くちづけを落としたのだ。キーラの額に。

 ぽかんと口を開けた。ざわめきが収まり、静寂がおちる。

「ではみなさん、お仕置きは手短に。キーラはお腹を空かせているようですから」

 悠然とした態度で云ってのけ、王者らしく堂々とした態度でアレクセイは出て行った。

 残されたキーラは、たちまち集まった視線に、居たたまれない気持ちになったが、もうどうしようもない。ほとんどやけになって、あいまいに笑った。

「ええと、というわけで、無事に生還しました」

 そうじゃないだろう! と幾重にも響いた声のなかで、キーラはがっくりうなだれた。

 後回しなどせず屋台にでも立ち寄っていれば、もう少し、甘い空気を堪能できたのだ。