欠片

「そう。例えるならば、これは欠片だ」

魔法使いがそう言いながら、くるりと水晶に見えるものを指先で回した。
水晶に似た何かは、けれども中心に微かな炎を宿している。

「欠片?」
「そう。はるかなる太古、本当の魔道使いたちが使用していた魔道具のかけら」

それが時を経て、わたしのもとにたどり着くとはなかなか興味深いな、と、魔法使いはいう。
その表情にはなぜか、自嘲の気配が漂っていて、わたしは首を傾げた。

魔法使いは、魔法使いだ。
彼の他に、その称号にふさわしい人はいない。

そりゃはるか太古には、本当の魔法使いがいたのだろうけれど、現代に生きるわたしにとって、魔法使いはただ一人。
目の前で白衣を着たユーリアス、ただ一人なのだ。

だから彼の抱く感情などさっくり無視して、あっけらかんと問いかけた。

「それで、これ、お金になる?」

すると彼は呆れたようにわたしをみた。
結局、たどり着くのはそこなのか。雄弁な眼差しにわたしはむしろ胸を張ってやった。

悪いか。天涯孤独のトレジャーハンターにとって、換金できるかどうかが、大切な価値基準なのだ。

 

035:欠片▼
(現代もの? 自称魔法使いとトレジャーハンター)

欠片というお題を見た時、冒険活劇の始まりを連想しました。かけらが手に入る。残りが引き寄せられる、みたいな。舞台は現代を考えてます。魔法使いは、本当の魔法使いというわけではなくて、占星術の研究者とかそういう感じ。ただ主人公の女の子にとっては、「こいつはすげえな」と感じる出来事があったから「魔法使い」として扱っている設定ができました。ほら、料理下手な人にとって料理上手な人って魔法の手を持ってる、って感じるじゃないですか。あんな感じ。

2019/11/12

タイトルとURLをコピーしました