24時間、料理の注文承ります。

「おまえ、知らないのか」
「なにを?」
「ここは夜になると我々を迎える食堂になるんだよ」

憧れだった祖母の秘密に振り回される娘の話。


2010年ごろに連載していた創作です。いろいろな感想をいただきました。グサグサくる批評であっても、とってもしあわせでした。


目次

彼は開店を待ち続けている。あるいは、彼女を。
1・祖母のレストラン「アヴァロン」
2・真夜中の訪問者はしゃべる猫でした。
彼は穏やかに笑って喪失を受け入れた。いつものように。
3・めばえた謎、ほどける謎
4・動揺しない人っていかがなものか。
日常、あるいは非日常にある彼はひそやかに企む。
5・いきなりそうきますか!?
6・正論からトンズラ
ようやく自分の感情に気づいても喪失を愛しむしかない。
7・むちゃぶりという言葉を教えてあげよう。
8・なにやってんですか。
喪失は喪失ではなくて、彼女のかけらはここにある。
9・あなたにあげる、この心。
10・ありがとう、またね。
終、あるいは始。いま、ここにある刹那の永遠。
タイトルとURLをコピーしました