京師のはしに寂れた道観がある。慶福観というたいそうな名前の道観には、麗しい道士と記憶を失った道姑が住み着いていた。現在連載中。

慶福観の道姑